教育関係共同利用拠点|拠点概要

森林水文・砂防学実習

単位 1.0単位
標準履修年次 3年次
担当教員 山川 陽祐 内田太郎 奈佐原顕郎
授業計画 井川演習林周辺をフィールドとして、流域という視点にたって実地調査を行うことで、森林における水や土砂の移動を理解する。また、時に災害に繋がることのある水・土砂移動に対して、どのような手法で流域を保全することが可能か検討する。これらを通して、人と森林との関わりや流域環境について学ぶ。

第1日 大井川流域における砂防・治山施設などの見学
大井川の流域環境を観察する。
山腹工や植栽工,渓流工による土砂生産・流出の抑制を学ぶ。

第2日 山地流域における地形・地質、土砂動態の調査
流域を特徴付ける地形や地質を学び,地質構造について考察する。
地形の変動や崩壊などの土砂移動プロセスを学ぶ。
崩壊地からの土砂流出について考察する。

第3日 山地流域における水文調査
山地流域における渓流水の流出量や水質(電気伝導度,水温)の多点調査を行う。
流域内の水文プロセス(雨水流出機構)の空間的な不均一性および水文プロセスと土砂移動、地形・地質条件との関係性について考察する。

第4日 大規模崩壊地の見学
特徴的な地形を学び、大規模崩壊が流域に与える影響を考える。

成績評価方法 現地実習への取り組み(30点)および実習にて取得したデータを用いて作成するレポート(70点)を基に評価する。
教科書・参考書 特になし
  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ