教育関係共同利用拠点|拠点概要

海山連携公開実習

海山連携公開実習

授業科目名 生物学公開臨海実習
単位 1.5単位
対象学生・学年 学部2~4年生
担当教員 和田茂樹 アゴスティーニ シルバン レオナー ジョージ 中野裕昭 田中健太

開講大学・施設名 筑波大学下田臨海実験センターおよび菅平高原実験所
施設の住所 〒415-0025 静岡県下田市5-10-1 〒386-2204 長野県上田市菅平高原菅平1278-294 TEL:0558-22-1317 FAX:0558-22-0346 email:swadasbm@shimoda.tsukuba.ac.jp http://www.shimoda.tsukuba.ac.jp/
アクセス方法 菅平高原実験所に集合する。JR 上田駅からバスで『菅平ダボス』まで約50分。料金は500円。その後、実験所まで徒歩約15分。 解散は下田臨海実験センター。センターからバス停『鍋田口』まで徒歩約5分、バスで伊豆急行線伊豆急下田駅まで約10分。 徒歩で約30分、タクシーでは約5分。
実習内容 海洋は生命発祥の場であり、その後、陸上へ進出した。現在では、多様な生物が海・陸に生息し、それぞれの生態系を成り立たせている。この実習では、筑波大学の付属施設である、下田臨海実験センターと菅平高原実験所の2 つの施設を利用し、海と山の生態系・生物多様性とその調査方法の共通点・相違点を理解することを目指す。 1) 海の生態系と生物多様性:船舶への乗船、磯での生物採集を行い、海での調査手法の習得と生物相の定量的・定性的解析を行う。 2) 山の生態系と生物多様性:冷温帯森林において、林冠タワーなどを用いた植物相・昆虫相の調査・採集・同定・解析を行う。 ※なお、本実習では菅平に集合し、実習途中で下田へ移動し、下田で解散する。菅平から下田への移動は、用意されたバスを利用するため、費用は掛からない。
受講生選抜基準と申し込み締め切り 先着順。定員を超える場合には、なるべく多くの大学から受け入れるようにする(抽選などにて調整する)
選抜結果連絡法 e-mail と郵送によって、履修に必要な書類とともに本人に連絡する。
  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ