教育関係共同利用拠点|拠点概要

節足動物学野外実習

単位 1.0単位
担当教員  八畑 謙介 佐藤 幸恵
担当形態 複数
標準履修年次 1,2年

授業の到達目標及びテーマ 動物界の約80%の種類数を占める節足動物を対象として,野外観察・採集・標本作製を行い、分類学・形態学の実際を習得する。
授業の概要 節足動物はわれわれに最も身近であり、動物既知種の80%を含む、この地球上で最も繁栄している動物群である。本実習は、この節足動物(主に昆虫類)を対象とし、講義ならびに実際の野外観察・採集・標本作成を行うことにより、この動物群の分類・系統・形態などの基礎的知識を得、方法を修得することを目的とする。あわせて系統分類学の実際を学ぶ。
授業計画 第1日 ガイダンスおよび講義:節足動物の概説
第2日 講義と実践:節足動物の採集法・標本作成法の概説。土壌節足動物の観察法と識別法。
第3日 講義と実践:野外における節足動物の採集。 採集された節足動物の観察、同定と標本作成(研究室にて)
第4日 講義と実践:講義と実践:野外における節足動物の採集。 採集された節足動物の観察、同定と標本作成(研究室にて)
第5日 実践:採集された節足動物の観察、同定と標本作成(研究室にて)
第6日 個人研究発表・まとめ
テキスト オリジナルテキストを配布する。
参考書・参考資料等 授業中に適宜指示する。
評価 実習の取り組み状況、各人が実習で実施する成果発表とレポートに基づいて総合的に評価する。
  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ