教育関係共同利用拠点|拠点概要

分子生態学実習

単位 1.0単位
標準履修年次 1・2年次
担当教員 津田 吉晃 津村義彦

授業概要 日本の森林植物の保全のための分子生態学的調査法を現地で学ぶ。研究材料採取の方法、DNA抽出、遺伝子型解析法及びデーター解析方法について,その知識と技術を習得する。これらのデータを森林の保全にどのように活用するかについても理解を深める。
授業方法 実習・実験・実技
授業の到達目標(学修成果) 日本の森林植物の保全のための分子生態学的調査法を現地で学ぶ。研究材料採取の方法、DNA抽出、遺伝子型解析法及びデーター解析方法について,その知識と技術を習得する。これらのデータを森林の保全にどのように活用するかについても理解を深める。野外での分子生態学での材料採取方法、DNA抽出及び解析実験、得られたデータの解析手法などを理解し習得する。
授業計画

八ヶ岳演習林及び菅平高原実験所で5日間の分子生態学に関する実習、実験、実技を行う。

(1) 八ヶ岳演習林で遺伝子流動解析用の研究材料採取方法を習得する。
(2) 菅平高原実験所で採取した材料のDNA抽出及びPCR実験を行う。
(3) データの解析手法について習得する。遺伝子流動解析手法
(4) データの解析手法について習得する。遺伝的解析手法
(5) データの解析手法について習得する。遺伝構造解析手法
(6) データの解析手法について習得する。分岐年代解析手法

単位取得条件・成績評価基準 実習及び実技でで得られて結果をレポートにして提出する。これを評価の対象とする。
備考 開催場所:山岳科学センター八ヶ岳演習林及び菅平高原実験所
  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ