お知らせ

タヌキのため糞場を発見!

筑波実験林では、昨年度より、どんな哺乳類が生息しているかを調べるため、自動撮影カメラを設置しています。

 

最近、新しい「ため糞場」が見つかったため、カメラを設置してみました。

38日~9日の撮影で、タヌキがこの「ため糞場」を利用していることがわかりました。

同時に2個体が写っている場面もありました。

タヌキの社会の単位は、基本的に繁殖ペアとのことです。もしかすると、これらの個体もペアかもしれません。

3818時ころ

その後も、日に日に糞が増えていっています。

35日のため糞場です。

311日のため糞場です。

以下のリンク先で、ため糞場のタヌキの、別の動画もみられます。

>>【動物】タヌキ(2021.3.9)

(筑波実験林 上條)

Page Top

筑波大学 筑波大学山岳科学センター