お知らせ

筑波大学山岳科学センターの津村義彦教授が参加する共同研究成果がプレスリリース

森林総合研究所、新潟大学、基礎生物学研究所、筑波大学、静岡県農林技術研究所の共同研究で、花粉形成に異常がある雄性不稔の原因となる遺伝子のひとつ(MS1)が同定されました。

スギの無花粉(雄性不稔)の原因となる遺伝子の一つ、MS1遺伝子には2つの系統があることがわかりました。MS1の2つの系統の変異は、いずれも花粉形成に異常をもたらす塩基配列の欠失で、それらが由来した系統の天然スギが全国に分布していることがわかりました。全国各地でMS1の雄性不稔変異が生じている可能性があり、地域に適した無花粉スギの育種にそれらの変異を活用することが期待できます。

詳しくはこちらをご覧ください。

本研究成果は、2021115日にScientific Reports誌でオンライン公開されました。

Page Top

筑波大学 筑波大学山岳科学センター